達成目標 of 島根大学農業生産学教育コース

平成24(2012)年4月に組織改編により発足しました

ラーニングアウトカムズ(LO)

tyatumi.png

 分属される各分野(作物生産学,動物生産学,植物機能学,植物調節学,植物育種学,施設生産技術学,施設園芸学,耕地利用学および園芸利用学)に関する基礎知識を修得し,これらを専門的に応用できる.

 地球温暖化などの環境変化,土壌や水の汚染による環境悪化,食料の品質や安全性の低下,食料不足などのなどが世界レベルの問題とこれら国内外の生産現場における現在および将来の問題をどのように解決するか,社会や消費者の要請にどのように答えるかについて論理的に考えることができる.

 農業における動植物の仕組み,地域の自然環境を生かした生産方法・改良などのついての知識を得ること,さらにそれらの知識を応用する力を養うことできる.