附属生物資源教育研究センター 農業生産部門 of 島根大学農業生産学教育コース

平成24(2012)年4月に組織改編により発足しました

H22.5.17チャ摘み.JPG

分野の教育研究内容

松江市本庄町の生物資源科学部附属生物資源教育研究センター本庄総合農場には、柿、ブドウ、ブルーベリー、イネ、茶などの作物のほかにたくさんの品種のサクラが植えられています。出雲市神西沖町にある神西砂丘地農場では砂土の特性を活かしたサツマイモ,ナガイモなどの栽培を行っています.農場では専門科目の実習のほかフィールドを用いた教育・研究が行われています.

分野ホームページLinkIcon

担当教員のご紹介

smatsu1.jpg
松本真悟
 准教授
 担当授業 作物栄養学ほか
LinkIcon研究紹介ポスター

現代農業では,作物が本来有している養分獲戦略が見過ごされてきたと思います。本来作物は肥沃度の低い土壌でも養分を可給化して吸収する機構を有しているのです。私は,これらの養分吸収機構を明らかにし,肥料の施用量をできるだけ少なくしたり,有害な重金属の吸収を抑制したりできる肥培管理技術を確立したと思っています.

教員ホームページLinkIcon

milk_btn_prev.png

|1|2|3|4|5|6|7|8|9|10|11|12|

milk_btn_next.png