ギャラリー of 島根大学農業生産学教育コース

平成24(2012)年4月に組織改編により発足しました

咲き乱れるボタン畑,島根県大根島.jpg松江市大根島のボタン畑

咲き乱れるボタン畑.島根県松江市にある大根島はボタン,薬用人参の産地として有名です.これらは教育研究素材として島根大学での活動に取り入れられています.





P1100505.jpgツツジの調査

キャンパス内に植栽されている貴重なツツジ品種を品種改良の実験に活用しています.

Z1.jpg生物資源科学部3号館緑化屋上

生物資源科学部3号館の屋上は薄層緑化仕様になっています.農業生産学教育コースでは,1年生の基礎セミナー,農業生産学基礎実験での栽培実習,グループ活動に活用しています.

DSC_0942.JPGRNAの抽出

育てた植物の組織から成分を抽出して様々な分析実験を行います。(写真はブドウ果実からRNAを抽出中)

PA210013.JPG学生が栽培している賀茂ナスです.農業生産学基礎セミナーでのグループ学習で栽培しました.
DSC00545.JPG屋上ではサツマイモ緑化による熱低減技術の開発も特別研究(卒業論文)のテーマになりました.
作物学実験1.jpg川津キャンパス内には水田があり,主にイネの栽培実験が行われます
DSC00401.JPG水曜日の午後は各分野の特別実験の時間です.みんなで力をあわせて屋上の整備中です.
DSC_0816.JPG生物資源科学部の中庭には中国桜桃(支那実桜)があり真っ赤な果実がたくさん熟します
DSC00048.JPGガラス室では色々な種類のブドウを育てています。島根のブドウ産業に貢献するぞ!
DSC_0325.JPG渋柿の果実は収穫後に脱渋処理を行います
DSC00697.JPG高速液体クロマトグラフィーによって機能性成分の計測を行っています
4月末にはツツジの開花も始まるクルメツツジ‘水の山吹’.jpg黄色味を帯びた花色が特徴的なクルメツツジ‘水の山吹’
P5020024.jpg中国・四国地方の川岸に分布する貴重な野生ツツジ;キシツツジ
キシツツジの八重咲き品種‘藤万葉(ふじまんよう)’P4210010.jpgキシツツジの八重咲き品種‘藤万葉(ふじまんよう)
サツキ‘竜扇’,サツキはツツジの一種,旧暦の皐月に咲くことからその名がついた.JPGサツキ‘竜扇’サツキはツツジの一種で旧暦の皐月に咲くことからその名がつきました.
黄色い花のキレンゲツツジは橙色花のレンゲツツジの変種.jpg黄色い花のキレンゲツツジは橙色花のレンゲツツジの変種
野生のヤブツバキ,一重咲きにこそ本来の美しさがある.jpg野生のヤブツバキ,一重咲きにこそ本来の美しさがあると言えるかもしれません
P1030393.jpg出雲おろち大根です.地元の自生種から育種したとっても辛い大根です.そばのお供に最高です!
DSC_0742.JPG川津キャンパスには約50品種の柿があります。果実を収穫して色々な実験が行えます